2005年11月13日

九州一周駅伝。

九州一周駅伝で、福岡県チームが25年ぶりの優勝を飾りました。

いやぁ、よかった!選手の皆さん、ホントにおめでとう!

スポーツ好きのボクにとって、

マラソンや駅伝は冬のメニューとして欠かせない種目なんですが、

この九州一周駅伝は、高校野球で感じることの出来なくなった

いわゆる『郷土愛』みたいなものが感じられるので、結構好きです。

しかも、知り合いが何人か福岡県チームの選手として出ているので、

ついついネットの速報なんかもチェックしちゃいます。


冒頭に書いたように、

今まで25年(24年?)は、ずーっと宮崎県チームが優勝してまして。

ま、宮崎県チームイコール旭化成なんですけど。

その強大な旭化成帝国に

九電工・安川電機・黒崎播磨・西鉄などの混成チームである福岡県チームが

挑み続けた25年だったのです。

ここ数年は、旭化成出身・オリンピック銀メダリストの森下広一氏率いる

トヨタ自動車九州が加わり、戦力的にはいつ優勝してもおかしくなかったんで、

「やっときたよ!」ってカンジでもありますが。

でも、10日間1,000キロの長丁場、

ワンジルや三津谷みたいな飛び道具だけでは勝てないってのも事実で、

いかに総合力を発揮するかが重要なポイント。

そういう点では、ボクの知人のひとり(ここでは仮にTとします)は、

ホントによく頑張ったと思う。



Tは、ホントに走ることにストイックなヤツで、しかも、アツい。

後輩のものすごくいい手本になっていると思います。

彼が入部するまでのそこの駅伝部のメンバーは、なんだかチャラチャラしていて、

本当にちゃんとやってるのか、ボクらからしても疑問に思ってしまうような

あんまり応援したいとは思えないチームでした。

しかし、彼の入部後にそのチームに来た後輩たちは、

Tという目標であり手本である存在がいるので、

日々切磋琢磨しながらチームの雰囲気を換えていったように思います。

ボクも、そういうコトが感じられてからは、

ニューイヤー駅伝の九州予選『毎日駅伝』に

毎年応援に行くようになりました。



そんなTは、福岡県チームでもベテランの域にいる、柱的存在。

ここ何年かは、あと一歩のところで宮崎を捉えきれず、

余計に悔しい思いをしていたようだし。

嬉しかったろうなー。

ホントおめでとう。


来年もその走りで感動させてくれることを願っています。



posted by natsuaki at 23:19| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツのコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。