2006年02月28日

ラウド・スピーカー。そしてまめ丹。

まめ丹看板.jpg 『まめ丹』@中洲

今一緒に仕事してる上司Fさんと、

会社に入って初めて一緒に仕事をした上司Mさんと

3人で飲みに行った。


まめ丹店内.jpg


Mさんと一緒に働いてたのは、新入社員研修終わってすぐの

会社のことも、社会の仕組みすら、まだな〜んにもわからない時だった。

そんなボクに、彼は国際的なイベントの仕事を任せてくれた。

で、その企画・運営・広告宣伝をやったんだけど、

今思うと学園祭のノリ。

年数を重ねていろんなコトが分かってくるにつれて、

「入社したてのペーペーのヒヨっ子が、大それたコトをしたなぁ」

「よくこんなコトやらせてくれたなぁ」、と

真剣に思う。


ま、実際その仕事は、実績も上がらなかったし、

カタチとしてその後につながったモノはあんまり見当たらない、

打ち上げ花火みたいな仕事だったんだけど。


まめ丹太刀魚.jpg


3人でその時の話をしてたら、Mさんに言われた。


 「お前はラウド・スピーカーやから、まぁ何とかなるやろ、と思った。

  どんな根拠があるのかわからんけど、

  当時から自信満々に自分の意見を言うヤツやったから。

  ああいうのは若いヤツに勢いでやらせた方が上手く行くコトが多い。

  それでええやろ。

  実際、あの仕事はあれでよかったんよ。

  楽しかったしな。

  ただ、お前のひらめきは、アタリハズレあるけどな。

  わはは。」




あー、その見方、当たってます。

バレてるー。

ボク、根拠のない自信、ありすぎです。

ほぼハッタリです。

打率は3割あるかないか。

ひらめき、思いつき、結構そのまま発言してますがナニカ?

まさにラウド・スピーカー。


まめ丹つけもの.jpg


でも、ここ数年はそれだけじゃいかんよなーと、

ボクなりに思ってたりして。

【言い過ぎない。 発言前に 考えよう。】

付箋に書いて、パソコンに貼ってるし。


これからも、勢いは失わないで行きたい。

とりあえずやれるコト・やらされるコトよりも

本当にやりたいコト・やらなければならないコトをやりたい。

それを実現するためにも、

一回立ち止まって考えることも必要かなと、

そう思うようになった。


『考えるラウド・スピーカー』


なんだか良くね?


まめ丹麦ご飯.jpg





ところで、写真は、2軒目の中洲の小料理屋『まめ丹』で食べた

なんの変哲もない麦ごごはんその他。

しかし、これが異様にウマかった。

さすが中洲。


値段を聞くと、違った意味で思うんだろうな。

「さすが中洲。」



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

月が替わると更新が始まるボクのブログ。

ため込んでたエントリーをアップしてますんで、こちらもどーぞ。

 でも、やっぱりその時感じた感動とかって、

 すぐに書き留めとかないとダメだよねー。



1月15日 炭焼き(九州ツーリズム大学C)

2月6日  中谷健太郎という人。

2月19日 インドアテニス大会。

posted by natsuaki at 23:52| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14040766

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。